TOPICS

10/23 チームガイドDC@幡ヶ谷「豆庭」

障がい者の移動支援「BEANS」さんの協力で
渋谷区幡ヶ谷でドラムサークル。
障がいを持った人と手助けする人、
そして障がいを持っていない人、皆が一緒に楽しめるドラムサークルめざして
定期的に開催していきます。

今日がその初日。

どれくらい集まるかなあと不安でしたが
ふたを開けてみれば、10組20人を超える参加者で
大いに盛り上がりました。

最初っから、ハイテンションも大変なので
いつものDCとはちょっと趣向を変えて手拍子から。
1回 “パンッ”
「おおーっ!」
みんなの音がそろうと気持ちよくない?
そんなメッセージ。

2回“パンパンッ” 3回“パンパンパンッ”
「おおおーーっ!」
どんどん増やすと面白くない?

ついついタイコを叩くことだけに集中しがちな皆さんに
「みんな」の存在に気づいてもらいたくて、こんなはじめ方してみました。

手拍子からシェイカーに移行して、
「ストップ」「ボリュームアップ・ダウン」で
ファシリテーターの存在を意識してもらい、ようやくタイコ。
オープニングが功を奏したか、それなりに人の音も聞きながら、まわりの様子を見ながらのスタート。
タイコの音の面白さ、手から伝わる感触、自分の動きと音、ひとの動きと音。
感受性を全開にして、楽しんでくれてる感じ。

ここでのDCはとにかくゆっくり、少しずつ、無理強いせず。
音楽療法のお手伝いや、石川武先生から教えてもらった考え方が
活かせてると感じる現場です。

10/19 放課後等デイサービス「豆庭」でDC

定期開催の豆庭DC。
少しずつ参加する子どもたちも増えて、
だんだん賑やかになってきました。

ここではとにかく時間をたっぷり使って
コミュニケーションすることを心がけてます。

「できない」ってのは
「速くできない」とか、
「言われたとおりにできない」ってのが
ほとんどな気がします。

それぞれのペースで「できる」事を
積み重ねて作っていくのがドラムサークル。
「できる楽しさ」が「自信」になればうれしいなあ。

10/16 武蔵野東教育センターでDC!

武蔵野東教育センターのファミリーデーで
ドラムサークルやってきました。

年齢別に3回。のべ240人の大きなイベントです。

僕が絶大なる信頼をおく、えびちゃんこと海老澤健二くんにベースドラムを頼み、
さらに音楽療法の現場ではたらく、山田さん、まやちゃんのお二人には細やかなケアをしてもらい。

ほぼDC初体験の皆さんに、楽しい時間を提供できたかなあと思います。

武蔵野東教育センターHP
http://www.musashino-higashi.org/education-center.htm

ファミリーデーの様子
http://www.musashino-higashi.org/newinfo/02indiv_newinfo.php?id=72381

人間って一人ひとり色々な「生きにくさ」を持ってるものだと思うけれど、
誰かとつながってれば乗り越えていける。
ドラムサークルはその手助けができると信じてます。

10/9 JAZZ in 府中でドラムサークル!

今年もJAZZ in 府中でドラムサークル出来ました。
府中の街じゅうが音楽であふれるこの日。
僕は府中駅けやき通りでDC。
同じ時間、府中の森公園ではめぐみさんが親子DC。
一つのイベントで2か所のDC出来るのはココくらいかなあ。
そのぶんスタッフもたくさん必要だし、外でエネルギー使うけど、
DCを楽しみにしてくれてる方もたくさんいて、
「今年も来たよ!」なんて言ってもらえるとうれしいね。

10/8 ドラムサークルをサポートする人のためのDCセミナー(通称“スルド部”)

ドラムサークルはファシリテーター一人ではなかなか大変。
ベースドラム(低音のスルドなど)を叩いてくれる人。
輪の外で全体を見てる人。
ケアが必要な参加者に寄り添う人。
ファシリテーターの意思をみんなに伝える人。
色々な役割を持ったファシリテーターチームで運営しないとね。

そんなわけで、「ドラムサークルをサポートする人のためのDCセミナー」
通称スルド部もやってます。
僕は主にファシリテーターからの目線で、
スーパーDCサポーターゆかぽんが、
楽器の奏法や、サポートする人の心構えなんかを詳しくお話しています。


まじめに勉強した後は


焼き肉「富士ロック」で打ち上げ!

9/25 目黒区の小学校でDC

目黒区の小学校でドラムサークルしてきました。
「子どもの居場所を作り隊」という活動の一環です。

前半は小学1・2年生約20人。
元気!元気!
叩くわ! 走るわ! 真ん中出てくるわ!
パワーのある子どもたちのDCはやっぱし面白い。

後半は3年生以上で約15人。
今度は打って変わって、しっかりとアンサンブル。
お互いの音をよく聞いて、音楽を作ることに夢中です。

どちらも子どもらしい発想や感性が垣間見えて
良い感じのドラムサークルでした。

9/24 新浦安「ほっぷの夕べ」でドラムサークル

浦安市「地域活動支援センターとも」が経営する
新浦安駅前の立ち飲み屋さん「HOPP(ほっぷ)」
ドラムサークルやってきました。

福祉や障がいに関わらず、音楽や医療など
さまざまなテーマを取り上げて開催している交流型イベント
「ほっぷの夕べ」第32回。

14455955_837679063034444_570128448_o

新浦安の駅前ということで普段から、たくさんの方が飲みに来るお店。
今夜はタイコがいっぱいです。
うれしいことに満員の参加者でワイワイ!ズンドコ! 
とっても盛り上がりました。
またやりたいなあ。